不登校 44 万人という数字が示すものはなにか

  •  
  •  

NHKスペシャル

シリーズ 子どもの声なき声(2)「“不登校”44万人の衝撃」
2019/05/30月放送

を、知人に勧められて見ました。

隠れ不登校

不登校は

年間通算30日以上の欠席

かつ、病気や家庭の事情によらない

という定義があります。

この「通算30日以上の欠席」に当てはまらず、

学校には来ているけれども、

  • 登校しても教室に入れない
  • 教室で苦痛に耐えているだけ

という状態にあり、苦しい思いをしている生徒が多数に登り、

番組ではこれを

隠れ不登校

と表現していました。

44 万人という数字

数字の内訳は次のようです。

2018年度に不登校状態であった 約 11万人
隠れ不登校 約 33万人 中学生のみ

隠れ不登校、33万人は

中学生のみの推計 という点に注意が必要かもしれません。

そして、上下学校を含めるともっと多いと想像します。

番組の内容について

大まかに、

  • 広島県の中学校教育現場について
  • 不登校の原因について
  • 不登校をテーマにしたトークライブ
  • 不登校に対する取り組みついて

といった内容でした。


番組では、広島県の中学校を 1 年間取材しており、

冒頭ではその様子を放送していましたが、

教師に入れなくてうずくまる生徒

一人だけ廊下でテストを受ける生徒

など、

いわゆる「まともでありたい学校」は、決して外に見せたくないだろう

という、とてもリアルな

「今の中学生が置かれている状況」

「生徒の様子」

を、正直に放送していたと感じます。

学校が苦しい理由と、誤った施策

番組では

  • 入り口に並んで、投稿する生徒に挨拶する姿
  • 校内清掃

といった、学校の様相が放送されていました。

とくに、校内清掃の様子は

「私語をせず黙々と掃除をすることで、心の成長を図る ?」

のようなものを取り入れたということですが、

先生 「3 人ほど私語をしていたので、次は気をつけましょう」

生徒 「ありがとうございました」

というやり取りがあり

私の目には、とても異様で気持ちの悪いものに映りました。


挨拶も掃除も、

個を無視して

「学校が思う良い生徒」に強制したい

というような、

徹底した管理思想が見え隠れする気がします。

挨拶にしても

掃除にしても

もちろん良いことではあると思うのですが、

けれどもそれは、強制することとは違うよね

と思います

家ではそんなことしないのに、なぜ学校では強制されるのか

という違和感は、生徒たちにとっては大いにあるでしょう。


日本は、なにかあると

すぐに「こんなルールを作りましょう」

という管理の方向に進みます。

それは学校でも、通常の会社でも同じだと思います。

しかし、

「規律を厳しくすると一時的に効果があるが、抜本的な解決にならない」

という、

番組での平田オリザ さんの発言とおりで、

朝の挨拶、掃除のやり方に変化を加えるなど、

無意味で逆効果であるといえます。

なぜ、誤った無意味な施策ばかり行うかというと

結局 学校は生徒を管理したい という本音があり、

管理しないとすぐにダメになるだろう

という前提で、運営している点があると感じます。

また、

学校や教育委員会が

不登校について正しい認識を持っていない

ことにあると思います。

たとえ不登校であっても、「学校に戻して教育を受けさせる」ことが唯一の解決だと思っている感じがありますね。実体験から。


番組で何度も指摘されていたことは

  • みんなが一斉に
  • 同じことをやる

という横並びの教育が、限界を迎えているということです。

だから、

今の学校教育の延長線上で何かをしたとしても、 効果を見込むことは難しい

のではないでしょうか。

環境は運ゲー

そして番組では

スクールカースト

についても言及していました。

スクールカーストとは

要するに「学校の中での上下関係」です。

学校という「逃げ場のない」狭い人間関係で

締め付けられてストレスをためる生徒

SNS の一般化で、

学校を離れても、学校に人間関係からは逃れられない状況で

綱渡りのような人間関係に置かれている

というのが今の学生の姿です。

人間関係で色々ありすぎて

疲弊して

勉強どころではない

という悩み、状況に置かれている人もたくさんいることでしょう。


文学 YouTuber ベルさんは

「集団行動が前提になってくる学校生活が自分に合うかは運ゲーになっている」

というコメントを残していました。

運ゲーとはつまり、

運に左右される、ということですね。


学校の人間関係

「自分似合う人がいるか」とか

「隣の席に誰が座るか」

なども、

運に左右されて

当たればラッキーだけど

ハズレれば地獄で

自分で決定できない、運に左右される要素が強い

そう感じているということです。

お互いに評価しあって、

罵り合って

同じことをしているように感じますが、

学校で生きていくことは、

今やもうサバイバルみたいなもの

なのですね。

そして、

置かれた場所で咲く

ことを、今までの日本は美徳としていた風潮がありましたが、

今は、それでは納得できない人が増えているんですね。

「環境は一方的に与えられる」環境に、みんな辟易していて、

自分で良い環境を掴み取りたい

そう考えている人は増えているのではないかと思います。

時代ですね。

「ノリモノ」の高速化

今は社会全体が高速になっていて、

学校も、とにかく忙しく余裕がない

という状況であるようです。

「休むととたんに落ちこぼれてしまう」

「ついていけなくなる」

という、

不安感、危機感を

多くの生徒が持っています。

だから、必死で頑張って

そしてドンドン疲弊していく状況にあります。


苦しいけれども

休めない

休むと、とんでもないことになる

これって、

学生も、

働きだしてからも、

全く同じであるように思います。

つまりこれは

死ぬまで休めない

ってことですよね。

学校をいわゆる「ストレート」で卒業して、

大学を出たら就職して、

定年まで働く

という人生が標準で、

ちょっとでも脇にそれたら

「落ちこぼれである」

みたいな認識をみんなどこかで持っている。

けれども、

そんなことないですよね。

それ以外の道があることなんて、

全く想像できないかもしれませんが、

学校以外の道だってあるし、

サラリーマン以外の道だってちゃんとある

こういう「モデルを知らない」ための息苦しさ

もあると思うので、

休んでもなんとかなるし

休まないで突っ走れる人

休みながらでしか、納得して道を決められない人

など、

やっぱり

横並びのみんな一斉

は、色々なところでムリが来ていると感じるのです。

40年間、変わってない

最後に、

私が、長男が不登校になったときに

親の会の方に勧められて

1980年代に出版された書籍を読みました。

その書籍をよんでいて、

不登校に関わる問題は

当時から全く変わっていない

ということに驚きました。

少なくとも 40 年間、学校は

生徒たちにとって良い方向に

変わることがなかったのだと思いました。

これからは受験生度も変わりますし、

良くなることを、

良くしていくためにはどうすればよいか、

を考え、実践していきたいですね。

いつの時代であっても、子供は宝ですから。

関連情報

NHKスペシャル
シリーズ 子どもの声なき声(2)「“不登校”44万人の衝撃」
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586156/index.html