『100歳時代の人生マネジメント』

  •  
  •  

以前

石田 淳 先生の

『一〇〇歳時代の人生マネジメント』

を拝読しました。

副題は

長生きのリスクに備える

です。

なんとなく 85歳

30 年ほど前の

100 歳というと

きんさん ぎんさん

という

老婆のアイドルを

思い出す方もおられるかもしれませんが、

当時
100 歳を超える方は、

それはそれは珍しい

という状態でした。

それが、

徐々に寿命が伸びて、

昨今では、100 歳以上の方は

長らく増加傾向にあり、

先日の NEWS では

7 万人を超えた

と報道されました。

日本経済新聞
100歳以上7万人超え、49年連続増 トップは高知県
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49771220T10C19A9CR0000/

けれども、

このような状況にあっても、

私たちは

「85歳 くらいが寿命だろう」

と、

なんとなく考えている、

という方が多いようです。

長生きリスク

自分がいつ

寿命を全うするかなんて

誰にもわからないことではあります。

けれども、

なんとなく 85歳

というのではなく、

それ以上に長生きすることも、

意識しなくてはならない、

という状況になってきました。


それは、

85 歳で死ぬ、という

プランニングを

自分で行なったとして、

85歳 で亡くならず、

100歳 を迎えた場合、

その時点ですでに 15年 、

人生設計が狂う、

ということになります。

これが「 長生きのリスク 」です。

高齢になってからの 15 年は、しんどい

50歳 からの 15年 と、

80歳 を超えてからの 15年 は

は、全く別なものと

考えたほうが良いでしょう。

それは、

50歳 と 80歳では

80歳 の方のほうが、

明らかに
身体能力が低下しており、

いざ何かあっても

50歳 のときと

同じように行動することは難しい

という違いがあるからです。

もし、

80歳 になった自分が、

貯蓄が厳くなった場合、

50歳 と同じように

80歳 の自分は

働くことができるか ?

と考えると、

多分そうはいかない

ことが想像できます。

健康寿命を伸ばすこと

寝たきりで

15 年以上過ごすよりも、

健康で過ごしたい

ですよね。

そのためには、

せめて 50代 から

生活を見直し、

健康寿命を
伸ばすようにしましょう

そして、

生活習慣を改善し

良いものを食べ

仕事以外で
趣味を見つけましょう

というように、

まとめられておりました。

そんなことを考えるには早い ?

筆者が指摘するように、

「今はまだそんなことを考えるには早い」
と考えている、

40代後半 から

50代の方に

読んでいただきたい

内容だと感じました。


もし 100歳 まで

生存するとしたら

考えてみてください。

60歳 や 65歳 で

運良く退職したとしても、

その後に

「何をしていいかわからない」

という方が

実に大勢いらっしゃるのです。

私は、

そのような状況で、

30年 も 40年 も

過ごすことは

耐えられません。

やることがなくて

10年 以上も過ごすのは

苦痛でしかない

と、私は考えます。

女性は、

年をとってからも

友だちというか

ごく自然に、

周囲とコミュニケーションを

とるることが

できる方が多いのですが

男性は

加齢とともに、

自分の城というか

殻からでられなくなる

純粋な友情のようなものが

構築できにくくなる

傾向が強いですよね。


そう考えると、

そういう状況になってから、

考えれば良い

というわけではなくて、

気力も体力も

充実している時に

そういったことに

慣れていく必要があると

考えます。


妻と
「定年が 70歳 になったら」

という話をすると、

絶対今と同じペースで働くのは無理だよね

という言葉が出てきます。

あなたは、

70歳、

80さいを迎えても、

今と同じペースで

働き続けることができますか ?

人生を最適化する

私は、

一発当てて、

アーリーリタイアができれば

最高、

というように考えている

時期がありましたが、

少し前から、

それでは、ダメになる

と考えるようになりました。

何もやることがないと

やる気になれない

ためです。

資金と時間があっても

旅行に行くのも

骨が折れるし、

仕事を通じて

人と接して

社会に貢献して

というくらいの

目的がないと、

ダラダラして、

あっという間に

体も頭も、

衰えてしまう

そう考えるようになりました。


長寿と、

仕事と

生活の質

この 3 つは、

切っても切れない関係

なのです。

『一〇〇歳時代の人生マネジメント』には、

実例もいくつか

掲載があり、

そういったことが

よく分かるように

まとめられています。


生活習慣を改善し、

良いものを食べ、

仕事以外で
趣味を見つけましょう。

そして、

健康寿命を延ばし、

なるべく長く楽しく働きましょう。

本書のメッセージは、

多くの人に共通する

メッセージです。

健康寿命を伸ばすことで、

リスクを減らすことができます。

闇雲に働いていればいい、

という働き方は

今後通用しなくなります。

50歳 が近づいたら

いいえ、
もっと前からでも

長くゆるやかにはたらく

という生き方を

意識する必要があると

考えました。


人生は長い

その長い人生を、

楽しみ、

貢献し、

正しく

生きていきたいですね。

関連情報

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

リンダ グラットン,アンドリュー スコット
出版社:東洋経済新報社 

Amazonで詳細を見る

日本経済新聞
100歳以上7万人超え、49年連続増 トップは高知県
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49771220T10C19A9CR0000/